本格的な対策法 | ゴキブリなどを駆除して安心を得る~ブラックモンスターを倒す~

本格的な対策法

賢いハクビシン駆除法

最近、都市部でハクビシンの被害が増えています。雑食動物で主に果物を食べますが、近年は食物を求めて都会にも進出してきています。都市部でのハクビシンの被害は、生ゴミを食い散らかしたり、民家の屋根裏に住みついて糞尿の被害を出すなどです。そのため、ハクビシン駆除対策が本格化してきました。鳥獣保護法により、民間人が勝手にハクビシン駆除をすることは許されていません。そのため自衛手段として、まず侵入口を塞いでしまうことが大切です。ハクビシンは頭が入るスペースがあれば何処にでも侵入してきますので、建物に穴や隙間がある時は至急塞いでしまうことが重要です。ここでのポイントは、基礎コンクリートの通風口です。ここから侵入するケースが多いので、必ず確認して通風口から侵入できないように工夫します。また、侵入口として考えられる場所に白い粉などを撒いて、もし足跡がついていたら、そこから侵入していると分かりますので、しっかり穴を塞ぎます。さらに忌避剤を撒いたり、生ゴミを置かないようにするなども有効です。このような工夫をすることで被害を抑えられます。

現在のハクビシン対策の状況

ハクビシンの被害は拡大していて、本格的な駆除対策が必要となっています。侵入口を塞いだり、忌避剤を撒いたり、生ゴミを置かないなどの工夫によって対処できればいいのですが、ハクビシンはなかなか賢く、そう簡単に追い出すことができません。そのため、自衛手段の効果が薄い場合はハクビシン駆除業者に依頼するケースが増えてきました。糞尿に混じっている菌などから健康を害する危険もあるので、自力では難しいと感じたら早めに依頼することが賢い選択といえます。現在はハクビシン駆除業者も増えて依頼しやすくなっています。ネットで検索すると、数多くの業者を比較できるサイトなどがあるので、それを活用して良心的で技術力のある業者を探して依頼する人が増えています。